冷凍大好きっ子さんに教えてもらった冷凍法と化粧品

私の冷蔵庫にある冷凍室は、ほとんどが氷です。

たまにラクする時用の冷凍食品や、消費期限内に使い切れないお肉を冷凍してある位で、あまり使いません。

でも先日、友人で自称「冷凍庫がないと生きていけない子」から、冷凍の便利さを教えてもらいました。

その子は、お肉はもちろん、ご飯も冷凍・野菜も冷凍なんです!

ご飯を冷凍って聞いたことあるけど、やっぱり美味しさが半減するイメージがあります。

友人がいうポイントは、「炊き立てを冷凍する事」だそうです。

時間が経ったあまりもののご飯は、冷凍する以前に美味しさが半減してしまっている為、もちろん解凍後も美味しさ半減したままです。

しかし、旨味が逃げないうちに冷凍してしまうことで、解凍後も美味しいままのご飯が食べられるそうです。

これは便利な事を知りました。

今まで、時間が経ったご飯が嫌いで、少量を毎日炊いていました。

でも、これを教えてもらってからは、沢山炊いて食べる分以外を、すぐに冷凍するようにしています。

もう一つ驚いたのが、「野菜も冷凍出来る」って事です。

もちろん、冷凍食品コーナーに冷凍野菜は売っていますが、業者だから出来るように加工してるんだとばかり思ってました。

だって、野菜って水分が多いじゃないですか。

自宅で冷凍したら、解凍後はビチャビチャになるか、水分飛んだカスカスな野菜に成り果てると思ってました。

もちろん、冷凍に向いてない野菜もあるそうですが、思った以上に冷凍可能な野菜が多かったです。

ニンジンやカボチャは、買ってから、千切りやら角切りやら、料理で使いやすいサイズに切って冷凍しておけば、煮物なら冷凍庫から鍋に直接入れるだけです。

毎回切るストレスもなくなり、時間短縮にもなりました。

1番驚いたのは、トマトも冷凍出来る事です。

私の得意料理は、トマトスープ(ミネストローネとは呼べない)ですが、トマトって高いからたまにしか買えず、しかも保存期間も短いから貴重なんですよね。

でも、冷凍するようになってからは、安い時に買い溜めしておく事ができ、いつでも作る事が出来るようになりました。

しかも、冷凍トマトをそのまま鍋に入れるだけ!簡単!皮もスルッと取れます!

冷凍って甘く見てたけど、すごく便利なんですね。

これからは野菜室より冷凍室の方が、たくさん容量を使いそうです。

もう一つ教えてくれたのが、冷凍食品のことじゃなくて、化粧品なんです。

私も彼女も敏感肌で、たまにアトピーが出たりするところも一緒なんですよね。

それで、最近彼女がネットで見つけてきたのが、バリアバランス保湿ジェルでアトピー肌にも使えるそうなんです。

カバンにちょうど入れてきたからと、試しに使わせてもらいました。

すると、確かに肌がピリピリしたり、赤くなったりしないし、しっかり保湿してモッチリ感が出ました。

これなら、私も使ってみようと思います。

色々良いこと教えてくれてありがとう、冷凍大好きっ子さん。